お手入れのおススメ

お手入れ方法

軽い汚れは柔らかい布等で乾拭きし、汚れがひどい場合は柔らかい布に皮革用クリーナーを少量含ませ汚れを拭き取った後、乾拭きしてください。
皮革用クリーナーは使用可能な革の種類をご確認の上、目立たない箇所で試し、色落ちなどの異常がないことを確認してからご使用ください。

金具について

金具部分は、温度、湿度、空気中の物質の影響によって、酸化(錆)・変色・色落ち・腐食などを起こす場合がございます。
またそれによる革や生地、洋服の汚損にご注意ください。

保管について

他の革製品やビニール・ポリエステル・ゴム製品等と密着しての保管は、色移りやべたつきが生じることがございますのでお避けください。カビ予防として、温度や湿度の高い所を避けて通気性の良いところで保管してください。
定期的な陰干しや乾拭き等をおすすめいたします。

生地について

尖ったもの等で擦ると、生地の繊維がほつれることがございます。
摩擦によって毛玉が生じることがございます。
水濡れ・摩擦・熱によって、色落ちや色移りする場合がございますのでご注意ください。

[天然革の特徴について]
革のシワ・キズ・血管・色ムラ・肌目のムラなどは、動物の元々持っていた特徴です。自然な表情をお楽しみください。

淡い色の革の表面には、小さな黒い点々がある場合がございます。こちらは、革の特性によるものですのでご安心ください。

[色落ち・色移りについて]
革は、水濡れ・熱・摩擦などによって色落ちや色移りする場合がございます。洋服などに色がうつることがございますので、特に雨の日や、淡い色の洋服でのご使用はお避けください。

保管の際は、色移りを防ぐため他の色のものと重ねたりしないよう、ご注意ください。

[日焼けについて]
革は、日焼けによって色が変化する場合がございます。日光や室内照明の光に長時間あてると、乾燥・変色・褪色・ひび割れ等が起こる場合がございますのでご注意ください。

[水濡れ等について]
革に水分や油分が付着すると、シミ・変色・色落ち・水ぶくれ・型崩れの原因となる恐れがございます。
濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で水分を拭き取り、陰干ししてください。
シンナー、ベンジン等のアルコール系の溶剤や洗剤のご使用は、お避けください。